読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラトリアム旅行記

仕事を辞めてプラプラ旅行しています。

1カ月間の旅行での必需品

持って行って良かったもの 旅まとめ

旅行は長くても5泊程度までしか行ったことがない

という人も多いのではないでしょうか。

1カ月の旅行を経験したことがある人も、

短期のホームステイだったりして

意外と身の回りの物は必要なかったりするものです。

 

仕事を辞めて1カ月の旅行に行くことにした時、

高級ホテルは高すぎるのでホステルを3泊くらいずつ回りながら、

あちこちを旅行しました。

しかし、ホステルだと必需品はたくさんあります。

持って行って良かったものをご紹介します。

 

洗濯グッズ

1カ月の旅行と言っても、服なんて4日分くらいしか持っていきませんので、

洗濯グッズは必ず必要になります。

コインランドリーがない街に行くことを前提に、

手洗い&部屋干し(ベランダ干し)ができるように準備していきます。


 

 

畳むと小さくなるのでスーツケースの中でもそれほど邪魔になりません。

洗濯ばさみ ヒモ付き 10個入
価格:108円(税込、送料別) (2016/12/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

洗濯ばさみは必ずひも付きを。外出中や夜など、

ベランダに安心して干しておきたいなら、

手すりや椅子などに紐をひっかけて、ハンガーなどを止めておくと安心です。

 

洗剤は、粉末洗剤を小さめのペットボトルに入れて持っていきました。

2~3日に1回程度洗濯していたので、その日の洗濯量によって

使う量が調整できるので小分けタイプよりも使いやすいです。

 

かなりおすすめしたいのが柔軟剤。

手洗いで洗うとすすぎが甘かったりして洗濯後にゴワゴワしがちですが、

柔軟剤があると気になりません。


 

 

あとは洗濯のために、ハンガーを数本持っていきましょう。

帰りは捨ててこれるくらいのものでよいと思います。

ホスタルによっては宿泊客が置いていったと思われる

ハンガーがある部屋もありました。

 

1カ月のうちに2回くらいしか使わなかったのが洗濯ロープ。

ひっかけるところを見つけて、そこに引っ掛けたら何とかなりました。

 

バスルームグッズ

シャンプーやボディーソープなど1本丸ごと系なら

現地のスーパーなどでも購入できますが、

到着時間などによっては即日購入できないことも。

行きはスーツケースにも余裕があると思いますし、一応持っていくのがオススメです。

 

私は石鹸派なので、ホテル移動の際にも持ち歩けるように

このような石鹸ケースに一つ丸ごと石鹸を入れていました。

長めに滞在する宿ではそのまま石鹸置きとしても使えるので便利です。

ハユール 石けん箱
価格:540円(税込、送料別) (2016/12/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

 

シャンプーはファミリーサイズ詰め替え用を持っていき、

その日に飲んでいた水(エビアン)のペットボトルに詰め替えました。

1本タイプをそのまま持って行かなかったのは、

移動の時に漏れないだろうという安心感からです。

 

こういうキャップ付きの詰め替えタイプのものなら、

洗濯ばさみでシャワー付近に吊るして使うのもおススメです。


 

 


 

宿にタオルがあっても、バスタオル1枚だけ、ということも多いです。

ちょっと手を洗った後に吹きたい時のためにフェイスタオルかハンドタオルを

持っていくことをおすすめします。

洗面所付近に置きっぱなしにしたいと思うので

フックが付いているタイプが便利です。

フックがなければひも付き洗濯ばさみをつかいましょう。

 


 

お風呂場など、ここにフックがあれば…!と思うところに

フックがないことが多いので、ドアに引っ掛けるタイプの

フックは旅行の時に意外と便利です。

 


 

トイレットペーパーはホスタルなどの貧乏旅の必需品です。

本当に持っていきましょう!

ホステルだとトイレットペーパーを補充し忘れていることも。

夜遅い時間に気付いてしまうと、宿のホストも寝ていたりして

お願いできないので、持って行って困りません。

現地の宿はティッシュがないことも多いですし、

鼻をかむときにも役立ちます。

 

歯磨き粉・歯ブラシも忘れず持っていきましょう。

歯磨き粉はトラベルサイズ1本だと足りなくなるので、

2-3本持っていくことをオススメします。

 

あとは家にある要らないバスマットがあれば持って行くのもおすすめです。

意外とバスマットがないのです。

 

食事まわり

木製 使い捨てスプーン(100本入)#110
価格:496円(税込、送料別) (2016/12/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 


 

使い捨てカトラリーやお皿などは必需品です。

1カ月、毎日外食しているだけで疲れてくるので

今日は部屋でたべたいなぁ・・・という日もあります。

食事をテイクアウトしたり、フルーツを買ったり、

日本から持ってきた食事を部屋で作って食べる時に絶対必要になります。

 

 


 

アジア圏だと大丈夫なのですが、

主食がパンの国やイスラム圏などに2週間ほどいると、

食事の変化で胃が疲れてくることも多く、

お腹から体調を崩してしまうことがあります。

そんな時、日本食を食べると体調が回復するのでオススメです。

帰りに要らなかったなと思ったら、帰国後に非常食としても置いておけます。

 

くつろぐために


 

 

虫の多い地域や季節で、夜寝る時に不安になるくらいなら

これを持っていきましょう!プラスチックボトルなので

飛行機でも手荷物に預けられます。

 


 

使い捨てスリッパの履き心地が好きなのですが、

もちろんホステルにはありません。

バスマットがない時なども、この使い捨てスリッパがあると快適ですし、

部屋ではスリッパでのんびりしたいものです。